LCCのリスク

LCCを利用すれば格安で空の移動が可能なのですが、反面リスクがあることも理解しておかなくてはなりません。どのようなリスクがあるかというと、それは機材に不具合がおきた場合、自分が利用する飛行機でなくても、欠航になってしまう場合がある、ということ。
なぜ乗る飛行機の不具合ではないのに欠航する可能性があるのでしょうか。これはLCCが徹底的にコスト削減を行っていることが原因。LCCの場合はほとんどの機材が常に運航している状態のため、一機不具合を起こすと代替便が出せないのです。
それによって不具合を起こした機材の運航計画が乱れることで、他の運航にも影響するのです。またこのような場合も運賃の払い戻し以外には対応がありません。他の行程への振り替えは自分で行わなくてはならないのです。こういったところが大手航空会社と大きく違うところ。
大手の航空会社は機材トラブルがあっても代替機を用意して対応するのが当たり前ですがLCCではそのようなことができない、ということなのです。このようなリスクについてはあらかじめ理解したうえで、もしものときが発生する可能性があるものだと自分のなかでも想定しておくことが必要、ということです。

Copyright © 2014 LCCってなんだ? All Rights Reserved.