LCCとはなに?

LCCといえば、何となく飛行機に安く乗れるもの、といったイメージくらいはどなたもおもちではないでしょうか。LCCとは「格安航空会社」のことで、それまでの大手航空会社の正規運賃に比べると、驚くような安さで空の移動が可能になったのです。以前はまだ日本でも参入する航空会社が少なかったため、今ほど注目を集めていませんでしたが、ここのところ多くの会社が参入し、世界的にも普及してきたため、LCCがより注目されるようになってきたのです。
ここ数年の間にLCCの台頭が本格化し、それによって空の便の利用者が自分のニーズに合わせて航空会社をチョイスできるようになってきた、ということ。景気が回復してきたとはいえ、やはりできることなら移動の経費も安く抑えたい、というのが人情。
そういったかたが多いため、ますますLCCに対しての期待も高まっているんですね。
LCCが何故低価格で抑えられるのか、というと、「徹底したコストの削減」につきます。
人件費の削減はもちろん、機材を二種類程度に抑えてメンテナンスコストを下げたり、タラップを利用して空港の使用料を抑える、機内サービスを省いて、必要な方にだけ有償サービスとして提供するといったかたち。企業努力で低価格を実現しているのです。
ここではそんなLCCについて、格安チケットとの違いや、利用に伴ってなんらかリスクがあるのか、ということについて、またLCCの気になる安全性について解説します。

Copyright © 2014 LCCってなんだ? All Rights Reserved.